睡眠不足の解消と対策

 

睡眠不足の解消と対策を解説するサイトへようこそ。

現在の日本では5人に1人もの人が、睡眠の問題で悩んでいるといわれています。
その形態もさまざまです。なかなか寝付けないという人もいれば、睡眠時間はきっちりと取っているのに、熟睡感がないという人もいるでしょう。いずれにしても、睡眠の問題で悩んでいるということは、睡眠不足を感じているわけです。

睡眠不足の解消に仮眠が有効

睡眠不足の解消方法は、じつは誰もが無意識に行なっています。
それは、ちょっとした時間を見つけては居眠り・昼寝などの仮眠を取ることですね。誰に教わったわけでもないのに、睡眠不足の解消をしているわけです。

短時間睡眠で有名な、かのナポレオンでさえ、不足した睡眠時間を仮眠で補っていたといいます。マイクロスリープといって、数秒から数十秒という短時間だけでも、脳を休ませることが出来ます。どんなに時間がないときでも、目をしばらく閉じるだけで睡眠不足の解消ができるわけです。

重要な作業のまえには、このようにちょっと目を閉じるだけで、パフォーマンスのアップと事故の予防が期待できます。

同時に不眠症の改善に努める

睡眠不足を解消するには、このように仮眠というテクニックが有効です。
しかし、もっとも大切なことは、夜の睡眠時間の質と長さを確保することです。睡眠とは完全に自給的なものであり、快眠サプリメントでも点滴でも補充することはできないのです。

寝付けないとき

もし何かの原因で眠れないのなら、寝つけるように対策を立てます。
場合によっては、心療内科などのメンタルクリニックの診察を受け、睡眠薬(睡眠導入剤)を処方してもらうのもいいでしょう。市販の睡眠改善薬や漢方薬も、ある程度の効果があります。

途中で目覚めるとき

夜中に目覚める中途覚醒や早朝覚醒が、睡眠不足の原因ならば、眠りを深くするような対策を取るとよいでしょう。このように眠りが途切れるときは、睡眠が浅いことが考えられます。この場合の睡眠対策は、昼間に太陽の光に十分当たったり、運動を多くすることです。それによって睡眠物資が体内で多く作られるようになるのです。食事からトリプトファンなどのアミノ酸を摂取することも大切です。

睡眠不足と病気の危険性

睡眠不足を放置していると、心身に重大な影響を与えてしまいます。
人には浅いレム睡眠と、深いノンレム睡眠の2種類がありますが、それぞれに重要な役割があります。

レム睡眠には、精神疲労を回復させるという働きがあり、これが不足すると、うつ病などが発生する危険性があります。ノンレム睡眠には、肉体疲労を回復させるという働きがあり、これが不足してしまうと体の病気を引き起こす危険があります。

血糖値が高くなる

睡眠不足になると、それがストレスとなり、1日中血液中のコルチゾール濃度が高くなります。これはストレスに反応して分泌されるホルモン。血糖値や血圧、脈拍を上昇させてストレスに対処しようとするわけです。睡眠不足が慢性化すると、高血糖や高血圧を引き起こします。これを放置していると、糖尿病、高血圧症、脂質異常症といった生活習慣病になっていくのです。

肥満を招く

睡眠不足の問題は、これだけではありません。
寝不足になると、脂肪細胞から分泌されるレプチンというサイトカインの量が減少します。そうすると、満腹中枢を刺激できなくなるので、食欲が旺盛になり、肥満を招くことに。同時にグレリンの分泌量が増えるので、食欲がさらに旺盛になってしまいます。そうなると内臓脂肪型肥満からメタボリックシンドロームに移行し、この面からも生活習慣病を発症しかねません。

寝だめは睡眠不足の解消に有効

睡眠不足になることは、忙しいビジネスマンにとって、ある意味仕方のないことなのかもしれません。しかし、どこかで睡眠不足を解消しなければ、上記のように心身に重大な疾患を招きかねないということは、強く自覚すべきでしょう。

ビジネスマンは、ウィークデーは短時間睡眠であっても、週末はぐっすりと寝だめをする人が多いと思います。これは有効な睡眠不足の解消法だといえます。

ただ朝寝坊すると、月曜日の出勤に響きますから、早く寝ることによって睡眠時間を伸ばすほうがよいでしょう。遅く起きる場合でも、普段よりも1時間遅く起きる程度なら、体内時計を崩さないので、毎日の睡眠の質もよくなります。

 

睡眠不足を解消するための方法とは?↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら