睡眠不足の解消と対策TOP > 睡眠不足の解消法とは? > 睡眠不足は肥満の原因に

睡眠不足は肥満を引き起こす

睡眠不足を解消する安眠方法はこちら↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

睡眠不足は肥満を招くといわれています。

ふつうに考えると、寝ないで起きていれば、それだけ消費カロリーが増えそうな気がします。また寝不足のストレスで、交感神経が優位になれば、それだけカロリー消費量が増えそうです。しかし、現実は違うようです。睡眠不足が肥満の原因になる理由は、次のようなものです。

  • 夜食を食べてしまう
  • 食欲が旺盛になる
  • 成長ホルモンの分泌が減少する
  • 脂肪をため込もうとする

夜食を食べてしまう

睡眠不足で肥満になるのは、単純に夜中に起きていると食べてしまいがちだからです。ストレスから不眠症になると、それを和らげようとして自然と甘いものが欲しくなったりします。いわゆる夜食症ですね。甘いものは糖質ですから、エネルギーになりやすい反面、余った分は脂肪として蓄えられやすくなります。

夜食を取ると、大抵はそのあと時間を空けずに寝ることになります。
そうすると胃腸が消化・吸収作業をしているうちに、睡眠タイムに入ることに。
その結果、眠りが浅くなり、後述する成長ホルモンの分泌を阻害することになります。

食欲が旺盛になる

睡眠不足が肥満を招く、もっとも大きな原因は、食欲が旺盛になるからです。
夜食は、ストレスを回避する意識から、甘いものをたくさん食べたくなります。
それとは別に、昼食や夕食の食欲が旺盛になるわけです。

レプチンが減る

睡眠不足になると、脂肪細胞から分泌されるサイトカインであるレプチンの量が少なくなります。レプチンには、間脳視床下部にある満腹中枢に働きかけて、食欲を抑制する働きがあります。しかし睡眠不足になると、分泌量が低下するために、食欲に歯止めが効かなくなるのです。その結果、睡眠不足で肥満を招くことに。

グレリンが増える

睡眠不足になると、胃から産生されるグレリンという物質が多く作られるようになります。これは脳の摂食中枢に働きかけて、食欲を進ませる働きがあります。このようにレプチンとグレリンの分泌量の変化によって、どうしても食欲が旺盛になってしまうのです。睡眠不足は肥満の元なのです。

いったん肥満になると、体を維持しようとして自然に食欲が増しますから、太ってから睡眠不足を解消しても意味がありません。

成長ホルモンの分泌が減少する

睡眠不足が肥満の原因になるのは、成長ホルモンの分泌量が減少するためでもあります。睡眠不足とは、睡眠時間が短いだけではありません。きちんと眠る時間を確保していても、眠りが浅いと睡眠不足ということになるのです。

眠りが浅いと、深いノンレム睡眠が取れないということに。
成長ホルモンはノンレム睡眠時に分泌されますから、浅い眠りになると、成長ホルモンの分泌量が減少してしまうのです。

成長ホルモンには、脂肪を燃焼するという働きがあります。
そのため寝初めの3時間が不十分だと、脂肪が溜まっていってしまいます。睡眠中に脂肪を燃焼させるためには、深く眠って熟睡しなければならないのです。

脂肪をため込もうとする

睡眠不足は肥満を招くというより、交感神経が優位になるので、消化機能が抑制されて痩せていきそうにも思えます。しかし、現実には上記のようなことが体内で起こるため、太っていくのです。

また睡眠不足という危機的状況を察して、体が体脂肪を蓄積する方向に働くと推測されます。つまり普段と同じようなものを食べていたとしても、基礎代謝で体脂肪を消費しづらくなるのです。つまり普段はカロリーの摂取と消費の均衡が取れている人でも、睡眠不足で摂取カロリーが消費カロリーを上回れば、肥満を招くことになります。